健康な体のつくり方

”東洋医学”や”漢方薬の飲み方”を語っているマメ知識ブログです。

「漢方薬」はクセにならない

f:id:torajr10:20220228221727j:plain

即効性はあるの?

「漢方薬って、なかなか効かないよね?」
「薬なら、ずっと飲み続けるとクセになって効かなくなるんじゃ・・・」
私の知人もよく、そう言います。

誰にでも即効性があるわけではありません。また種類によっては、薬品ではなくサプリメントに分類されるモノもあります。

即効性がある人、飲み続けるうちにジワジワと効力が出る人など、異なります。

私は最初から相性が抜群なので、飲でから1時間程すると効果が出ますね。

服用を続けてクセになり、最終的には効かなくなる・・・なんてことはありません。
そもそも西洋医学で処方される薬とは違い漢方薬は、薬草など自然の材料を調合しているのでクセにはなりませんし、体内に毒素を残すほど強い力を持っているわけではないので、1回に服用する量違いはあるけれど、小さなお子様でも安心して服用できます。

どこで買えるの?

種類にもよりますが、最近は街の薬局でも漢方薬は取り扱ってます。
特にココカラファインやミネドラッグ(ミネ薬品)など、調剤薬局と併設している薬局は種類豊富に取り扱っているので、医師の処方なくても気軽に購入できます。

粉薬の効率的な飲み方

参考までに、「粉薬」の正しい飲み方をお伝えします。

大半の人は恐らく、水と粉薬を口に含んで、意を決してゴクンと飲み込んでいるでしょう。
この飲み方だと、体内に薬の成分がキチンと吸収される前に、大半が尿で排出されてしまう。

ではどうすると、体内に薬の成分が残せるのか?
人肌温度の白湯に粉薬を溶かして飲むのが一番効果的です!
なぜなら白湯に溶いて飲む時に、鼻から薬の混ざった湯気を吸っているから。
この 薬の混ざった湯気 を吸っていることがポイント。
鼻から吸った分は確実に体内へと吸収させてくれるので、飲んだ分が尿で排出されても、ちゃんと成分が体内に残るのです!

数種類の薬を飲むときは・・・魔女が作ったような凄い色と臭いになるので地獄ですけど。

アフィリエイトのアクセストレード
アフィリエイトのアクセストレード