健康な体のつくり方

”東洋医学”や”漢方薬の飲み方”を語っているマメ知識ブログです。

東洋医学ってどんな治療があるの?

東洋医学ってどんな治療があるの? それぞれの効力 ①鍼灸治療 ②漢方治療 ③手技治療 まとめ 東洋医学ってどんな治療があるの? 東洋医学の治療法は主に3つ。①鍼灸治療②漢方治療③手技治療 torajr10.hatenablog.com torajr10.hatenablog.com oriental-kampo.co…

漢方薬シリーズ第6弾!“シミが消える魔法エキス”

紫根エキス 紫根エキスの効果 紫根エキスは老若男女に優しい オンラインで購入できます 楽天 紫根エキスの効果 シミ・シミの元・乾燥肌・シワ対策など美肌効果に最適なエキスです。万能軟膏でもある紫雲膏の配合生薬の一つ「紫根(シコン)」を使った化粧水…

漢方薬シリーズ第5弾!“万能薬軟膏”

こんな使い方が効果的 捻挫 イボ痔・切痔 ひび・あかぎれ・あせも・かぶれ 魚の目 注意点 まとめ oriental-kampo.com こんな使い方が効果的 この軟膏は、熱を吸い取ってくれる軟膏です。 捻挫 腫れているときはシップで冷やし、腫れが引いた後や腫れてないけ…

理想は西洋と東洋の共治療

現状は仲が悪い 西洋医学 東洋医学 未来の理想 現状は仲が悪い 現在、日本にも「東洋医学」への評価が見直されつつあります。その証拠に、漢方薬がオンラインや薬局でも気軽に買えるくらい、手の届くところで見かけるようになりました。また、病院の処方薬も…

漢方薬シリーズ第4弾!“血液パトロール隊”

四物湯(しもつとう)は血液パトロール隊! 服用するとこんな症状がでます。 参考までに実例。 四物湯(しもつとう)は血液パトロール隊! 自分の体内の血液が、どこで滞っているのかなんてわかりませんよね?そりゃぁ・・・そうです。あ!詰まってる!って…

漢方薬シリーズ第3弾!“咳・喉の味方”

麦門冬湯(バクモンドウトウ) 銀翹散(ギンギョウサン) 注意 甘草湯(カンゾウトウ) 【甘草湯の場合ほ副作用】 柴陥湯(サイカントウ) 【副作用】 麦門冬湯(バクモンドウトウ) こみあげるコンコン咳に効果的。熱は下がったのに、いつまでも引きずるコ…

漢方薬に解熱剤は無い!

覚えておきましょう 漢方薬は細胞の味方 戦いの後は水分補給&爆睡! 「栄養のある食事+適度な運動」を心がけましょう 覚えておきましょう そもそも発熱とは、体内に入ったウイルスを体内の細胞達が追い出そうと戦っている証拠です。そして漢方薬は、そんな…

漢方薬シリーズ第2弾!“花粉対策”

なんで花粉症になるの? ①土地がの大半が土とアスファルトの違い ②腸の働き まとめ oriental-kampo.com なんで花粉症になるの? 花粉は、日本昔から地球に存在している。では遥か昔から花粉症が世に流行っていたのか? 花粉症の歴史は古いようで、紀元前1800…

「東洋医学」ってなに?

「東洋医学」とは? 考え方は「陰陽五行」 「東洋医学」と「西洋医学」何が違うの? まとめ 「東洋医学」とは? 最近では、街のアチコチでも目にするようになった「東洋医学」。でも、なんだか 「東洋医学」 ってピントこない人も多いのではないでしょうか?…

「漢方薬」はクセにならない

即効性はあるの? どこで買えるの? 粉薬の効率的な飲み方 即効性はあるの? 「漢方薬って、なかなか効かないよね?」「薬なら、ずっと飲み続けるとクセになって効かなくなるんじゃ・・・」私の知人もよく、そう言います。 誰にでも即効性があるわけではあり…

漢方薬シリーズ第1弾!“寒さ対策”

葛根湯 葛根湯の別名は“飲むホッカイロ” 体内ポカポカの恩恵 発熱は戦っている証拠! 参考までに・・・ oriental-kampo.com 葛根湯 風邪の初期症状には葛根湯!なんてよく聞くが、咳が出る鼻水が出る・・・の時が 初期症状 ではなく、もはや風邪の中盤。 で…

アフィリエイトのアクセストレード
アフィリエイトのアクセストレード